--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/04/23.Thu

天然な人々

1週間ほど前の事です。
その日は実母が隣の市で股関節手術の経過検診がありこちらの方へ来ると連絡があったのですが、知人をその病院へ紹介するので一緒に来ているということでゆっくり会う時間が取れなさそうなので又今度会おうということになり、「とりあえず隣市に着いたら連絡するね」と言ってたのでその日は連絡を待っていました。

が、昼になり夕方近くになりそうなのに一向に電話が来ない…
と思っていたら「ピンポーン」とインターホンが鳴り、出てみると宅配便。
差出人は実母で、荷物の中身は毛蟹。
なんだろうと思っていたところ、家の電話がなり実母から。
なんと、こちらに来る途中のハイウェイオアシスで、財布と携帯の入ったバッグを忘れてきて現在無一文で隣市に居ると言う事。(電話代を知人の方に借りて電話をかけてきていました…)少し前にそのハイウェイオアシスに問い合わせたところ、母のものと思われるバッグは届出があったので(中身は確認していないのでわかりませんが)帰りに寄って取ってくるとのこと。
余りの事に思わず( ゚Д゚)ポカーンとなってしまい、「とりあえず当座のお金貸そうか?」と言ったところ「いやいや何とかなるから大丈夫」「それより蟹着いた?あれ生茹でだからすぐ食べなさいよ~」「じゃ、元気でね」ガチャン。
※生茹で(なまゆで)・浜ゆでとも言われる蟹
普通贈り物用の蟹は茹でて瞬間冷凍を掛けますが、生茹では茹でて少し冷ました位で保冷材を詰めて発送します。冷凍蟹は箱を開けて半日ほど解凍しなくてはいけませんが、生茹ではそのままおいしく召し上がれます。


うーん、母さん、相変わらず…(;・∀・)
ま、本人が大丈夫ってんなら大丈夫なんでしょう…

それから1時間ほどで職場より帰宅したオットに母からの電話の経緯を伝えたところ、「え?母さん大丈夫なの?!今から行って来た方がいいんじゃないの?」
「うーん、でも本人大丈夫って言ってたし、今ご飯とか食べに行ってるかも知れないし携帯持ってないからどこで何しているんだかわからないよ(今日泊まるホテルの電話番号は聞いてあった)」
「そっか…」
「あ、玄関に母さんが送ってくれた蟹置いてあるから。くり坊が寝たら剥いて食べようね」
そしていつものようにご飯を食べ、お風呂に入りくり坊と遊んだり寝ぐずったりしているうちに私たち、

三人とも爆睡。 ま、いつも通り…

ひとり目覚めたおにぎり。時計を見ると午前1時を回っている…

あちゃー、また寝ちゃった。
あ!蟹そのままだ!冷蔵庫入れなきゃ!

玄関に行くと、蟹の入った発泡の箱が無い。
「…?」
「あ!ひょっとしてオットが気を利かせて先に冷蔵庫に入れてくれた?」

冷蔵庫ガチャリ。

(;・∀・)ハッ?

確かに入っていた。

発泡の箱ごと入っていた。

あのねオット、発泡とはね、

発泡スチロール(はっぽうスチロール、foamed styrol)は、合成樹脂素材の一種で、気泡を含ませたポリスチレンである。なお、スチロールとはスチレンの別名である。
ポリスチレンを微細な泡で発泡させ硬化させた素材である。軽量かつ断熱性に優れ、また極めて成型や切削しやすく、安価で弾力性があり衝撃吸収性にも優れるので、破損しやすい物品の緩衝・梱包材(→包装・緩衝材)として用いられる他、断熱性を利用して保温・保冷が必要な物の断熱に用いられる。
断熱性・耐水性に優れ軽量なので、魚介類(後に一部の農産物も)の輸送にこれで製造された箱(トロ箱)が利用されたほか、軽量で衝撃吸収性に優れるため、精密機械等の梱包材として普及した。日本では年間20万トン近くが生産され、その過半数~6割が容器として利用され、3割が緩衝材として、残りが建材や海などに於けるフロート(ブイや生簀の浮き)等に利用されている。

希望の形状に一体成型できるため、緩衝素材や保温・保冷箱などといった所定の形状を持つ製品に加工される。

断熱性に優れ、加工が容易で、これに加えて耐水性が高いのでクーラーボックスなどの構造材としても利用され、内面と外面の間にこの素材が用いられた製品があるほか、安価な物では発泡スチロールそのものを圧縮整形したクーラーボックスもある。

発泡させたポリスチレンビーズは、安価な緩衝材として、布袋等に詰めてクッションなどの家具(ビーズクッション)にしたり、精密機器輸送用の充填用梱包材に使われる。

加工がし易く軽量で一定の強度を持つことから、軽量化を必要とする装置のモノコック構造の構造材などにも利用される。例えば玩具ではあるがエアロソアラのような模型飛行機(またはラジコン飛行機)にも使用されることがある。

by Wikipedia(詳しくはここ

だからね、箱ごと冷蔵庫に入れても蟹は冷えないよ(´ヘ`;)
速やかに発泡の箱から毛蟹3杯を救出したことは言うまでもない。
それにしてもこの二人、今日に限って随分やらかしてくれたなぁ…
オットに限っては普段随分人のことをトロイだの抜けてるだの言うくせに、自分こそやってくれるじゃないか!ヽ(`Д´)ノプンプン
…などとは言わずにこっそり蟹を皿に並べて冷蔵庫にしまいましたよ。
多分次の日にオットは気づいたでしょうが、何も言ってきませんでした。(・∀・)ニヤニヤ
次の日には3杯とも(私が)剥いて、食べきれない分は冷凍しました。
オットが作った蟹のトマトクリームパスタ、大変おいしゅうございました♪

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ

↑◎ブログランキングに参加中です
↑◎最後まで読んでいただきありがとうございます
↑◎"(,,゚Д゚) ガンガレ!"の「ポチッ」をいただけると嬉しいです

参加トラコミュ 赤ちゃんゴハン-きょうの離乳食- 


スポンサーサイト
生後1年2ヶ月 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« 旅支度 | HOME | 空港を散策 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。